わきがの緩和と治療法

わきがと言うのは、特有の臭いがある症状が特徴です。
この臭いは、症状の度合いにより様々であり、軽度の人は自分では気が付かないケースが多く、家族などから知らされて、初めて自分がわきがである事を知る人もいると言います。


そもそもわきがと呼ばれる症状は、脇の下のアポクリン汗腺から出て来る汗と、皮膚にいる雑菌が混ざり合わさり、それが分解されてる事で臭いになると言われています。

そのため、治療を行う場合は、臭いの大元となるアポクリン汗腺を除去する方法が最も治療の効果は高く、症状を治せると言います。また、最近では、新しい治療法として、超音波を利用してアポクリン汗腺の組織を破壊する治療法があり、注目されています。

治療の効果としては高いものの、まだ始まったばかりである事からも、再発する可能性は無いとはいえませんので、未知の部分もあるのが現状です。但し、超音波を使っての手法になりますので、メスを使わずにアポクリン汗腺組織を破壊していきますので、傷痕が残らないと言うメリットがあるのです。


そのため、注目度が高くなるのです。軽度のわきがであれば、日頃の食生活を改善したり、制汗剤などを利用する事である程度の症状の緩和は可能になると言われています。制汗剤は汗の量をコントロールするためのものですので、制汗剤を使う事で、わきがの原因とされる汗の量を少なくする事が出来ると言う事です。

また、脇の下を衛生的に保つ事も大切です。